原子番号26

13月/100

chkdskの結果を英語で表示


前回の記事にも書いたようにハードディスクをオークションに出しているのだけでも、商品説明を書くときにちょっとつまづいたのでそこについても書いていこうと思う。

e-bayは誰もが知ってる通りオークションサイトなわけですが、出品するときは当然商品の解説を書いていかないといけない。 ハードディクスの容量や回転数それにメーカーなどを書くだけでも問題はないけども、簡単なスペック以外にも chkdsk の結果を載せていた方が相手にわかりやすい。 そこで [Windowsキー + R] で cmd を叩いてコマンドプロンプトで chkdsk を行ったわけだけども、そこで気づいた。

表示が日本語だ!!

これじゃドイツのe-bayに出したら最悪、悪質な出品者としてアカウントを止められかねないので、英語かドイツ語にする方法を探してみたら @IT にピタリの記事が見つかった。

Vistaでjp、usコマンドを利用する - @IT

  • 英語コード・ページに切り替えるには「chcp 437」
  • 日本語コード・ページに切り替えるには「chcp 932」

これに従って、 chcp 437 を入力してから chkdsk を実行したら英語の出力結果を無事に取得できたので、それを追加して出品作業完了!

この chcp で他の言語の表記ができないか探してみたら下にあるように文字コードは用意されてるらしい。

Chcp - Windows helpline

  • 437 USA
  • 850 Multilingual (Latein I)
  • 852 Slawisch (Latein II)
  • 855 Kyrillisch (Russisch)
  • 857 Türkisch
  • 860 Portugiesisch
  • 861 Isländisch
  • 863 Französisch (Kanada)
  • 865 Nordisch
  • 866 Russisch
  • 869 Modernes Griechisch

ところが実際これを使って、例えば 855 でロシア語になるかためしてみたけども表示は英語のままだった。日本語環境だからそうなってしまうのか、それともロシア語圏では元々コマントラインでの処理は英語になってるのかどうかは謎のまま。

13月/100

USB外付けハードディスクが認識しない時の対処法


古いパソコンからハードディスクを取り出して

これ一つでIDEのHDDもSATAのHDDも、さらにはドライブの無いネットブックに古いデスクトップパソコンから抜き出したDVDドライブを取り付けるなんて事もできる便利道具

このハードディスクをUSBで接続できるコネクタで繋いだら、何故か認識しない。

そもそも動作確認さえまともにできてないパソコンから抜き出したものだから、ひょっとしたらハードディスク自体が壊れてるのかもしれないと【ディスクの管理】を覗いてみると 何かある とは認識してるけども、正常には認識できていないのでドライブ名も割り振れてないご様子。

ネットで検索してみるけども「USB」や「ハードディスク」や「外付け」等の単語で検索しても他の情報が多すぎて、求めてる情報にたどり着けない。 「仕方がないから捨てちまうか」と考え始めた時にふと気づく、「ジャンパーピン(Jumper Pin)の設定がプライマリ(Primary)になってる!?」 ひょっとしたらこれが原因かと思いケーブルセレクト(Cable Select) に設定を変更したら無事に認識してくれた!

てっきりジャンパーピンの設定は内部のIDEの時にのみ有効だと勘違いしちゃってたよ。 思い込みでまた無駄な時間を浪費してしまった。 勝手な思い込みはしないようにできたら良いのにな。

…まあ、その方法が確立できたらノーベル賞もんだから、どだい無理な話か。